学校安全 全体計画

職員動員体制 動員体制

校内対策本部 業務内容

1 勤務時間外の対応(休日・夜間等)

地 震 の 規 模

職 員 の 対 応

警戒配備体制

警戒体制

(1) 市内で震度5弱の地震が観測されたとき

(2)台風により被害が予想され,(栗原市)教育長が必要と認めたとき

(3)大雨,洪水等の警報が発表され,広範囲にわたる災害が予想または発生し,(栗原市)教育長が必要と認めたとき

(4) その他特に校長が必要と認めたとき震度4の場合で必要がある時)

校長,教頭,主幹教諭/防災主任,教務主任,事務官,安全主任が出動する

○ 必要に応じて,災害対策本部を設置し,情報収集と安全点検を行い,市教育委員会への報告を行う。

警戒配備体制

特別警戒体制

(1) 市内で震度5強の地震が観測されたとき

(2)台風による広範囲かつ大規模な被害が予想され,(栗原市)教育長が必要と認めたとき

(3)大雨,洪水等の警報が発表され,広範囲かつ大規模な災害が予想されるときまたは発生し,(栗原市)教育長が必要と認めたとき

(4) その他特に校長が必要と認めたとき

校長,教頭,主幹教諭/防災主任,教務主任,事務官,安全主任,旧一迫町内在住の全教職員が出動する。

○ 必要に応じて災害対策本部を設置し,情報収集及び安全点検・連絡及び応急対策を行う。

○ その結果について,市教育委員会へ報告を行う。

災害対策本部設置

非常事態体制

(1) 市内で震度6弱以上の地震が観測されたとき

(2) 災害が発生し,または発生するおそれがある場合において(栗原市)教育長が必要と認めたとき

(3) その他災害が発生し,または災害が発生する恐れがある場合で,被害が甚大と予想される場合に校長が必要と認めたとき

出動できる教職員は全員出動し,直ちに活動・開始できる体制を構築する。

○ 災害対策本部を設置し,情報収集及び安全点検・連絡及び応急対策を行う。

○ その結果について,市教育委員会へ報告を行う。

地震は,上の表を参考に職員を動員する。

学校火災の場合は,全職員出動する。

その他の災害も,特別警報/警報の発表に対し,必要に応じて動員するが,危険を冒してまでの学校参集は行わない。

2 大規模地震が発生した場合

※ 震度6弱以上で非常事態体制に入る。

震度5弱,5強における動員体制も震度6弱以上を参考にする。(震度4以下でも状況により対応する)


本部長代理順位 副本部長(教頭)主幹教諭(防災主任)教務主任